SEO記事のコンテンツ外注について、こんなお悩みを持っていませんか?

 

実際にお問い合わせいただいた相談内容
  1. すでにSEOコンテツの記事制作をしているがなかなか上位が取れない
  2. 2P目までは来ているコンテンツは多いが1P目に入らない
  3. 別の業者に記事外注をお願いしているが成果が出ない
  4. 内部で成果の出るSEOコンテンツを作る体制を築きたい
  5. SEOを意識したコンテンツは大量にあるが、なぜかCVRが悪い
  6. そもそもコンテンツSEOを何から始めればよいかわからない
  7. PVのトラフィックはあるのにCVが発生しない など

SEOの記事外注をした多くの人が失敗する理由

失敗

SEOで順位が上がる構成を考えられていない

記事コンテンツで検索結果の上位表示を目指し、競合他社を抑えて1位を獲得する為には、コンテンツの設計図を正しく作ることがもっとも重要な作業になります。キュレーションメディアにようにとりあえず大量のPVを集める為に、とにかく大量のコンテンツを生産し、雑多なキーワードを狙スタンスを取るメディアもあるかと思います。

ただ、私たちは闇雲にコンテンツを大量生産することは、本質的なコンテンツSEO戦略ではないと考えています。

SEOコンテンツを作る真の目的は、『リード(取り合わせ)の獲得』『資料請求の増加』等であり、ただユーザーの目に留まり、『あぁこの記事はよかった』で終わってしまうことではありません。つまり、真の目的を達成させることのできる検索キーワードは、決まってくるということです。

ユーザーニーズの捉え方が甘い

その為に、ユーザーに行動に近いキーワードを厳選し、検索結果の1位を獲得することが、あなたにとってもっとも望む結果になります。検索結果における順位が1位のコンテンツと2位以下のコンテンツでは、ユーザーのクリック率(CTR)が20%以上違うというデータもあります

参照:https://www.advancedwebranking.com/ctrstudy/

そのことを知っている競合他社のマーケティング担当者は、あなたよりも高い水準でコンテンツを作り、検索結果の1位を取りに来ます。

闇雲に情報の網羅性を高め、コンテンツの文字数勝負をしているだけでは、既存のGoogle、ヤフーに対するSEO戦略を勝ち抜けません。検索結果の情報は時期や世間的な認知度によっては大きく変わります。それによって狙うキーワードやコンテンツの構成も異なりますし、求めていた結果も大きく変化していきます。

ラクシオのSEOコンテンツ制作サービスでは、「このキーワードを狙いましょう」という提案だけではなく、どうすればあなたがコンテンツSEOで正しく上位表示されるコンテンツを作ることが出来るのか、そのノウハウも一緒にご提案します。

WEBライターは得手不得手の差が激しい|選定をミスると終わる

多くの方がSEO記事の外注を業者にお願いする場合、個人のライターを複数名抱えている編プロに依頼されることと思いますが、その編プロが抱えるライター陣は自社やクラウドソーシングサービスで集めた方々です。当然、大量の受注案件に対応しなければいけないため、ある程度のレベルの人間でも採用し、案件を振ることになります。

SEOライティングは、web上に散らばった情報を整理し、再編集する作業に近いため、知識がなくとも他のサイトで出されている内容を参考にすれば、比較的誰でも簡単にコンテンツを書くことが可能です。そこ結果何が起きるかと言うと、何を分かっていない素人が書いた、自分でも本質的なことを理解していない記事が出来上がってしまいます。

つまり、駆け出しやその人が関わっていない分野のライターを選ばないことが重要です。

記事のクオリティチェックをするディレクターの知識が薄い・無い

ライターを管理するディレクターの存在も大事です。もし、専門分野のライターが書いていない場合、上がってきた記事のクオリティを管理するディレクターが最後の砦になります。しかし、そのディレクターも当然分かっていないので、クライアントにそのまま提出し、『クオリティが悪い』『順位が上がらない』といった状況になってしまいます。

これは100本単位で受けられますと歌うSEO記事外注の業者でよく起こりがちですが、人がちゃんと確認して、間違いが無いかチェックし、FBも交えながら納品できる数はせいぜい20本~30本程度です。フィードバック無くして人の成長はあり得ません。同じライターを起用し続けるのであれば、毎回何かしらの評価があって然るべきでしょう。残念ながらそれがあるのか無いのか、外からでは判断できないのために一度依頼して失敗します。

LaxioがSEOコンテンツの記事外注サービスで提供できること

1:コンテンツの設計図を用意|ユーザーニーズの掘り下げ

お問い合わせこの記事は誰に向けて書いているのか、性別は?年齢は?なぜ検索したのかなど、当たり前に取り組むべき内容ですが、簡単そうに見えて多くの方がやっていません。SWOT分析、カスタマージャーニー、ペルソナ設計など、専門用語を並べてそれっぽいことを言っているサービスほど、蓋を開けるとレベル感はそうでもなかったります。私たちはたった1人に向き合い、ユーザー目線でコンテンツ企画設計を行います。

1本でも戦えるコンテンツ制作|検索順位とユーザー満足を獲得する記事を提供

WEBコンテンツの本質は、ユーザーの課題や悩みを解決するための物であり、潜在的なニーズを満たして初めてSEOでも順位が付きます。例えば、『結婚に悩んでいる女性』へ向けた記事を書く時、あなたどんな内容を用意するでしょうか?

その人の容姿に関すること。相手に求める理想に関すること。収入に関すること。出会いの場に関すること。出会い方に関することなど。考えられるシチュエーションと想定できる解決策は無数にあります。

120%満足していただくコンテンツ制作をお約束します

毎日直接そのサイトを開くファンユーザーの多いメディアなら問題ありませんが、SEOは検索で入ってくる新規の潜在ユーザーと接点を持つためのマーケティング手法ですので、新規ユーザーに対して『何もいいこと書いてない』と思われたら、大切なお客様を一人逃すことにつながります。

私たちは、『その1人が検索で一番最初に接触するコンテンツ』を作り、『120%満足していただく』記事執筆を行います。

コンテンツSEO制作の取り組み事例

法律事務所A様
新規で独立された弁護士の方で、ポータルサイトへの広告出稿はしていたものの、自分たちのメディアをやりたいをいうことでお問い合わせ頂きました。
記事本数:10本/月
文字数:5,000文字
メディア企業B様
アクセスが伸び悩んでいたためSEOに強いコンテンツが欲しいという要望。自社内で執筆の運用フローを構築したいという希望もありコンサルの形でもご協力。
記事本数:5本/月
コンサル:6ヶ月
転職系メディアC様
元々も自社内でSEO記事の制作体勢は築いていたものの、ブーストをかける意味でお問い合わせ頂きました。分野を分けた新規サイトのSEOも一緒に注力。
記事本数:15本/月
文字数:7,000文字

料金プラン

スタンダードプラン
SEOコンテンツ代行
記事単価:1本50,000円〜
文字数に関係なく上位表示を狙う。
SEOコンテンツの執筆コンサル

SEOコンテンツの執筆を内製化したい方向け
構成の作り方、実際に書いた記事のレビュー
コンサル費用:20万円/月〜

費用対効果の高いSEOコンテンツの作成と、継続的な価値の提供を行います

  1. 検索結果で1位を取るべきキーワードの選定
  2. 高CVRを出し、資産となるコンテンツの作成
  3. 自社でコンテンツの制作が出来る体制作り

    必須相談内容 SEO・集客のご相談サイト制作のご相談記事制作のご相談
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須事務所名・会社名
    任意役職
    必須お問い合わせ内容